「核ダイヤモンド電池」にすごいロマンを感じます
2017年05月12日

「核ダイヤモンド電池」にすごいロマンを感じます

「核ダイヤモンド電池」って素敵ですね!

@「5730年経った後も約半分の出力を維持」が最高にロマンチック!
A核廃棄物が安全なエネルギーになる! 実用性・実現性も高い!
Bその上「ダイヤモンド」という魅力的な要素を持つ!



「核ダイヤモンド電池」は、こうやって作るそうです。

@核廃棄物の中から取り出した「炭素14」を、圧力を加えて人工ダイヤモンドにする。すると、放射線がダイヤモンドの結晶格子と相互作用し、微量の電気を生み出すようになる。

A剥き出しだと放射線が漏れるので、表面を通常の人工ダイヤモンドでコーティングする。これにより、「バナナと同じ程度」の放射線放出量となり、安全になる。


これ、実用化されたら、本当に人類が滅んだ後も動き続ける機械ができますよ……!
いざ人類が滅ぶという時は、文化遺産を未来の知的生命体に遺すべく、核ダイヤモンド電池を埋め込んだメンテナンスロボを用意しておきましょう!
人の手が入らないと、人工物などあっという間に埋もれ、分解されてしまいますからね。

「人がいなくなった後も動き続けている○○」系の話大好きなので、核ダイヤモンド電池、SFでも流行るといいですね!
人類滅亡後の世界を舞台にした、胸に核ダイヤモンド電池を埋め込まれた美少女アンドロイドたちの日常モノとかどうですか?
メンテナンスロボでもいいですが、「文化」や「人間らしさ」の保存のために、人型ロボットが人類の暮らしぶりを再現しているという設定でもいいです。

今はもういない人類たちについて、こういうところが良かったとか変だったとか好き勝手言って、たまに未来の生物や宇宙人を交えながら、まったりと何千年も経つ感じで……。
そこには人類が求めていた永遠の楽園があるのかも知れません。

本当にロマンがありますね、核ダイヤモンド電池!


あ、でも、別に核ダイヤモンド電池がなくても、機械が自ら自分たちを補修・補充しながら世代をつなげていけば、上記の話は成り立つのか。人類がいなければ、石油がなくても、水力・風力・太陽発電でまかなえそうだし。
……まあいいや! あくまでロマンの話ですから!(笑)
スポンサーリンク
posted by Rei Yumesaki at 16:25 | 制作日記 文芸 | 更新情報をチェックする
「核ダイヤモンド電池」にすごいロマンを感じます
先月の人気記事 TOP5