「忍者アクセスランキング」を「自動相互リンク」として運用してみる 〜相互リンクの負担から解放される1つの方法〜
2016年07月10日

「忍者アクセスランキング」を「自動相互リンク」として運用してみる 〜相互リンクの負担から解放される1つの方法〜

先日、Re:I本館のリンク集に、「自動相互リンク」なるコーナーを作ってみました。

http://www.rei-yumesaki.net/links/

これは、6/15にリリースされた「忍者アクセスランキング」を利用したものです。
簡単に言うと、Re:Iにリンクしているページからのアクセス数がカウントされ、ランキング形式で表示されるものです。

設定している「ランキングの横幅」がブログの幅より広いので、サイドバーにはみ出ていますが、こんな感じです↓




これを置いておけば、「自動相互リンク」になるかと思ったんです。

メールを送って「相互リンクしましょう」と依頼するのはなかなかハードルが高いですが、この「忍者アクセスランキング」を置いておけば、こっそりRe:Iにリンクを貼っていただき、月1でいいのでそのリンク経由でアクセスしていただければ、自動的に相互リンク状態になるはずです。

(集計期間30日、最大表示数50件に設定しているので、Re:Iのようにさしてアクセス元が多いわけでもないであろう弱小サイトなら、月1クリックでも表示されるのではないかということ)

また、「忍者アクセスランキング」を設置しているサイトは、「忍者ホームページ」で作られたサイトの下部にも(おそらくランダムで)リンクが表示されるとのことなので、かなり低い確率ではありますが「偶然の出会い」があるかも知れませんね。

「Re:I」では何のサイトか分からないので難しいかも知れませんが、サイト名の後に「○○のサイト」と書こうとしても何と書いたらいいのか分からないのでやめました(笑)

2016.07.16 追記
今のところ、忍者ホームページ広告で15のINがあるので、1日2〜3アクセス増加の効果があると言えます。忍者アクセスランキング使用者が増えるにつれて、広告表示率は下がっていくと思いますが……。


「相互リンク」はトラブルに発展することも


「相互リンク」って結構難しいですよね。

以前相互リンクを申し込まれて、しかしサイトの内容や方針がRe:Iと合わないためお断りしたことがあったのですが、断られた方(相手)も断った方(僕)も精神的にノーダメージではいられませんでした。

しかも、その後別のサイトと相互リンクしたことを咎められてしまいました。
「あそこはいいのに、なんでうちは駄目なの」と。
その判断基準は僕の主観でしかないので、なおさら納得していただくことは難しく、お互いにかなり辛い思いをしました。


相互リンクが「自動」でできればトラブルは避けられる!


相互リンクにはメリットもたくさんありますが、デメリットもかなり大きいと思います。
だから、相互リンクを自動化できたらいいなって前から思ってたんですよ。

自動で登録されるものだったら、サイトの内容や方針が合わないサイトがリストに載っていても、違和感は避けられます。(そもそも相互リンクでそういったサイトをお断りしなければならないのは、自分の意志でリンクを貼るということは「私はこのサイトへのアクセスをおすすめしていますよ!」と言っているということであり、推薦責任が伴うため。自動ならその心配はありません)

相互リンクを申し込まれる側は「合わないサイトから相互リンク依頼が来たらどうしよう」という不安を減らすことができ、相互リンクを申し込む側は「断られたら嫌だな……」という不安を減らすことができます。


Re:Iの自動相互リンク、ぜひご利用ください!


そんなわけですので、もし「Re:Iと相互リンクしたいけど言い出しづらい」という方がいらっしゃいましたら、是非無言でリンクを貼って月1でリンクをクリックしてください。それで相互リンク完了です!

Re:Iへのリンクの仕方やバナーについてはこちらをご確認ください。
スポンサーリンク
「忍者アクセスランキング」を「自動相互リンク」として運用してみる 〜相互リンクの負担から解放される1つの方法〜
先月の人気記事 TOP5