2015年12月01日

WEBサイトのURL変更後にやるべきこと

当サイトのURLが http://rei-yumesaki.seesaa.net/ から http://145.rei-yumesaki.net/ に変わりました。
サイトのURLを変更した時、サイト運営者がすべきことをまとめました。


転送(リダイレクト)設定


今回はSeesaaブログでやっているので、旧URLにアクセスしても自動的に独自ドメインのURLにリダイレクトされます。
そういう仕組みのないサービスを使っている場合、または一から自分でサイトを作っている場合は、自力で転送設定を行ってください。


広告を貼っている場合は、そのサービスに登録しているサイト情報の更新


不正と思われないように、もれなくやっておきましょう。

ちなみにGoogle Adsenseは、公式ヘルプによると「広告が掲載されているサイトの URL を変更した場合、AdSense アカウントを更新する必要はありません」とのことです。

しかし、アカウントの「サイト管理」の設定で「自分のサイトのみ自分の広告コードの使用が許可されています」にチェックを入れている場合は、自分がアカウントに登録しているサイトからのアクセス以外は報酬にならないので、手動で追加する必要があります。 →所有サイトの認証
(他者が勝手に広告コードをコピーして無関係のサイトに貼って、不正クリックをしまくって善良なAdsenseユーザーを陥れる、いわゆる「アボセンス」への対策として有効)

参考:
グーグルアドセンス応用編:サイトのURL変更した場合 | グーグルアドセンス徹底比較


Google AnalyticsでのURLの変更


サイトのプロパティ設定で、「デフォルトの URL」を書き換えてください。


Google Search ConsoleでのURLの変更


Search Console(旧ウェブマスターツール)に登録している場合は――というか、もし登録していないなら今登録した方がいいと思います――URLの変更をGoogleに知らせることができます。

Search Console公式ヘルプ:サイトを移動、移転、または移行する

サイトを新しいドメインまたはサブドメインに移転した場合は、Search Console のアドレス変更ツールを使用してください。

Search_Console.png

Google Analyticsを利用して所有者の確認をすると、旧URLと新URLで別のメタタグを貼る必要がないので楽です。
サイト認証後、ホームで「プロパティを追加」ボタンを押さないと新URLが一覧に現れてこないので注意。

完了すると、「Google は、サイト ○○ のアドレス変更通知を受け取りました」というメッセージが出ます。


Googleに新URLのインデックス登録リクエストを送信する


「Google はウェブをクロールするたびに、インデックスに新しいサイトを登録し、既存のインデックスを更新しています。新しい URL を使用する場合は Google にご連絡ください」とのことです。
このページから新しいURLを送信しておきましょう。
https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url


サイトに来てくれる人への周知


Twitterやサイトの目立つところで、URLが変わったことをお知らせします。
今は旧URLからリダイレクトされるのでいいですが、今後のこと(例えばSeesaaブログの終了など)を考えると、旧URLが接続不可能になってもいいように、ブックマークのURLを更新するよう促すべきです。


自力でできるリンクの張り替え


自分で張り替えられるリンクは自分で張り替えます。

・自分が運営している他のサイトからのリンク
・自分のTwitterや動画サイト等のアカウントからのリンク
・ランキングサイトやサーチエンジンの登録情報
・サイト内リンク
・自分が配布・販売している作品・商品のReadMeに記載したURL
・Twitterにbotを設定している場合はそれもチェック

Seesaaブログは全記事内の特定の文字列の一括置換ができないので、地道に張り替えるしかないですね。
効率的なやり方としては、エクスポート機能でログをダウンロードすることができるので、旧URLで検索をかけて、サイト内リンクがある記事だけ修正していくのがいいと思います。


外部サイトへのリンクの張り替え依頼


相互リンクをしてくださっている方がいる場合は、URLの変更を報告します。
僕は、Re:I本館のURLも変えてからまとめて依頼することにします。
スポンサーリンク
先月の人気記事 TOP5