【将棋ソフト関連資料】ブラウザ上で棋譜を再生できるサイトの実例と、棋譜のデータ(KI2、KIF、CSA)のテキスト
2017年09月22日

【将棋ソフト関連資料】ブラウザ上で棋譜を再生できるサイトの実例と、棋譜のデータ(KI2、KIF、CSA)のテキスト

前回:【ご意見歓迎!】「棋譜読みちゃん」企画書

ユーザー目線を獲得するため、自分でも将棋をやってみました。
……というのは口実で、実は以前から将棋に興味があったんですよね! SRPGっぽくて面白そうだと思って。

まず、このアプリで1手詰を50問やりました。
ねこ将棋〜キャっと言う間の1手詰〜

それから、このアプリで、一番弱いコンピュータと対戦してみました。
ぴよ将棋 - 本格派対局将棋

このアプリを選んだ理由は、棋譜をいろんな形式で保存できるからです。
将棋を学ぶ人にとって、自他の対戦記録を見て、よかったところ、悪かったところを考えるのは、多分とても大事なことだと思うんです。
「棋譜読みちゃん」(仮)も、個人での学習や、動画にして第三者に見てもらうことに役立ててもらえたらと思って考えました。


ブラウザ上で棋譜を再生できるサイトを発見


盤面を表示するだけなら、このサイトでできることが分かりました。

JS将棋盤

「KIF/KI2/CSA形式の棋譜に対応しています」とのこと。
これに音声がついたものを作りたいんですよね。

ちなみに、ダウンロードが必要なものも含めるなら、棋譜を再生できるソフトはいっぱいあります。(音声は多分ついてないと思うんですけど)
前述の「ぴよ将棋」も、棋譜の再生に対応しています。


実際の棋譜データ(KI2、KIF、CSA)のテキスト


僕が昨日「ぴよ将棋」でやった初対戦の棋譜を、資料として公開します。
ガチ初心者なので多分変な棋譜だと思いますが、とりあえず棋譜の形式を見るのには十分役立ちます!

JS将棋盤」にコピペすると、見事盤面が再現されていることを確認することができます。


◆KI2


* ---- ぴよ将棋 棋譜ファイル ----
棋戦:ぴよ将棋
開始日時:2017年09月21日(木) 22:42:12
終了日時:2017年09月21日(木) 23:37:44
手合割:平手
先手:プレイヤー(R0)
後手:Lv1 ひよこ(R80)
▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲4八銀 △3二銀
▲5六歩 △4二飛 ▲6六角 △8二銀 ▲6八玉 △3三桂
▲2五歩 △5四歩 ▲7七桂 △6四歩 ▲7五角 △6二飛
▲2六飛 △4三銀 ▲2四歩 △同歩 ▲5七角 △7四歩
▲2四飛 △9四歩 ▲3六歩 △7一金 ▲3七桂 △4五歩
▲6六角 △1四歩 ▲1六歩 △6五歩 ▲5七角 △1二香
▲5五歩 △同歩 ▲3五歩 △同歩 ▲7四飛 △3六歩
▲7五角 △3七歩成 ▲同銀 △7三歩打 ▲2四飛 △3二金
▲3九角 △5六歩 ▲2八飛 △1三角 ▲7八玉 △5七角成
▲同角 △同歩成 ▲2一飛成 △4二玉 ▲1二龍 △4七と
▲2六銀 △6四飛 ▲8六角打 △6六桂打 ▲同歩 △5三玉
▲6四角 △6二玉 ▲5三飛打 △6六歩 ▲1一龍 △6七歩成
▲同玉 △6一金 ▲6三香打 △7二玉 ▲6一龍 △投了

まで77手で先手の勝ち


◆KIF



将棋DB2を見ると、KIF形式の場合最後は「78 投了 (00:00/00:00:00)」で締めるようですが、ぴよ将棋では投了が出力されませんでした。


◆CSA




データ上では勝ってますが、31回も「待った」をしたので本当は反則負けです!(笑)
でも「待った」で相手(コンピュータ)の反応の違いを見るのって面白いですよね?


ユーザー目線で企画を見ると


自分でやってみて、やはり「初心者には盤面表示機能がないとわけが分からない」ということが分かりました。予算がないから音声だけ、という事態は避けたいですね^^;

あと、ある程度慣れていれば、盤面さえあれば読み上げの音声は要らないと思うのですが、本当に初心者のうちは、音声があった方が盤面の空間把握がしやすいのではないかと思いました。

文字や盤面を見ても、何かピンと来ないんですよね。視覚情報だけだと見逃しやすかったり、記憶に残りにくかったりするのかも知れません。すぐに「今動いたのはどの駒だっけ」ってなっちゃうんです。(僕だけかも知れませんが)

併せて声で「せんて に いち ひしゃ なる」とか言ってもらえれば、「あ、今は先手の番で、右上の方に飛車が飛んでって龍になったんだな」と分かるような気がします。

動画サイトにUPするにあたっても、読み上げ音声があった方が華があると思うので、「音声にまったく需要がない」ということはないのではないかと。(実はちょっと危惧していました)


盤面を表示するサイトなら他にもありますが、「棋譜読みちゃん」(仮)は
@盤面表示
A音声再生(有料版では自分で用意した音声を使える)
Bキャプチャ方法の説明あり&動画サイトへの投稿OK!
というのを売りにて差別化を図りたいです。
スポンサーリンク
posted by Rei Yumesaki at 14:07 | 制作日記 ゲーム | 更新情報をチェックする
【将棋ソフト関連資料】ブラウザ上で棋譜を再生できるサイトの実例と、棋譜のデータ(KI2、KIF、CSA)のテキスト
先月の人気記事 TOP5