2017年10月04日

【フリー素材更新】物悲しいピアノ曲『Irretrievably』を追加しました。他2曲微修正。

新曲をフリー素材コーナーに追加しました!

Irretrievably


1ループ1:55。ループさせてもさせなくても使えます。MIDI版もあります。
曲名は「取り返しのつかないほどに」という意味です。

ダウンロードはこちらからどうぞ!




差し替え報告


@『超克の時』の01:12辺りに小さいノイズが混入していたので修正しました。



A『陰謀』の音圧を少し下げました。また、最後の残響の消え方をより自然にしました。



どちらも普通に聴いていて分かる変化はありません。

『超克の時』はすでに有料版に収録されていますが、そちらも数日以内にアップデートします。長いことノイズに気が付かず申し訳ございませんでした。
*タグ:フリー素材
posted by Rei Yumesaki at 03:28 | フリー素材 更新履歴・使用例 | 更新情報をチェックする
2017年09月22日

【将棋ソフト関連資料】ブラウザ上で棋譜を再生できるサイトの実例と、棋譜のデータ(KI2、KIF、CSA)のテキスト

前回:【ご意見歓迎!】「棋譜読みちゃん」企画書

ユーザー目線を獲得するため、自分でも将棋をやってみました。
……というのは口実で、実は以前から将棋に興味があったんですよね! SRPGっぽくて面白そうだと思って。

まず、このアプリで1手詰を50問やりました。
ねこ将棋〜キャっと言う間の1手詰〜

それから、このアプリで、一番弱いコンピュータと対戦してみました。
ぴよ将棋 - 本格派対局将棋

このアプリを選んだ理由は、棋譜をいろんな形式で保存できるからです。
将棋を学ぶ人にとって、自他の対戦記録を見て、よかったところ、悪かったところを考えるのは、多分とても大事なことだと思うんです。
「棋譜読みちゃん」(仮)も、個人での学習や、動画にして第三者に見てもらうことに役立ててもらえたらと思って考えました。


ブラウザ上で棋譜を再生できるサイトを発見


盤面を表示するだけなら、このサイトでできることが分かりました。

JS将棋盤

「KIF/KI2/CSA形式の棋譜に対応しています」とのこと。
これに音声がついたものを作りたいんですよね。

ちなみに、ダウンロードが必要なものも含めるなら、棋譜を再生できるソフトはいっぱいあります。(音声は多分ついてないと思うんですけど)
前述の「ぴよ将棋」も、棋譜の再生に対応しています。


実際の棋譜データ(KI2、KIF、CSA)のテキスト


僕が昨日「ぴよ将棋」でやった初対戦の棋譜を、資料として公開します。
ガチ初心者なので多分変な棋譜だと思いますが、とりあえず棋譜の形式を見るのには十分役立ちます!

JS将棋盤」にコピペすると、見事盤面が再現されていることを確認することができます。


◆KI2


* ---- ぴよ将棋 棋譜ファイル ----
棋戦:ぴよ将棋
開始日時:2017年09月21日(木) 22:42:12
終了日時:2017年09月21日(木) 23:37:44
手合割:平手
先手:プレイヤー(R0)
後手:Lv1 ひよこ(R80)
▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲4八銀 △3二銀
▲5六歩 △4二飛 ▲6六角 △8二銀 ▲6八玉 △3三桂
▲2五歩 △5四歩 ▲7七桂 △6四歩 ▲7五角 △6二飛
▲2六飛 △4三銀 ▲2四歩 △同歩 ▲5七角 △7四歩
▲2四飛 △9四歩 ▲3六歩 △7一金 ▲3七桂 △4五歩
▲6六角 △1四歩 ▲1六歩 △6五歩 ▲5七角 △1二香
▲5五歩 △同歩 ▲3五歩 △同歩 ▲7四飛 △3六歩
▲7五角 △3七歩成 ▲同銀 △7三歩打 ▲2四飛 △3二金
▲3九角 △5六歩 ▲2八飛 △1三角 ▲7八玉 △5七角成
▲同角 △同歩成 ▲2一飛成 △4二玉 ▲1二龍 △4七と
▲2六銀 △6四飛 ▲8六角打 △6六桂打 ▲同歩 △5三玉
▲6四角 △6二玉 ▲5三飛打 △6六歩 ▲1一龍 △6七歩成
▲同玉 △6一金 ▲6三香打 △7二玉 ▲6一龍 △投了

まで77手で先手の勝ち


◆KIF



将棋DB2を見ると、KIF形式の場合最後は「78 投了 (00:00/00:00:00)」で締めるようですが、ぴよ将棋では投了が出力されませんでした。


◆CSA




データ上では勝ってますが、31回も「待った」をしたので本当は反則負けです!(笑)
でも「待った」で相手(コンピュータ)の反応の違いを見るのって面白いですよね?


ユーザー目線で企画を見ると


自分でやってみて、やはり「初心者には盤面表示機能がないとわけが分からない」ということが分かりました。予算がないから音声だけ、という事態は避けたいですね^^;

あと、ある程度慣れていれば、盤面さえあれば読み上げの音声は要らないと思うのですが、本当に初心者のうちは、音声があった方が盤面の空間把握がしやすいのではないかと思いました。

文字や盤面を見ても、何かピンと来ないんですよね。視覚情報だけだと見逃しやすかったり、記憶に残りにくかったりするのかも知れません。すぐに「今動いたのはどの駒だっけ」ってなっちゃうんです。(僕だけかも知れませんが)

併せて声で「せんて に いち ひしゃ なる」とか言ってもらえれば、「あ、今は先手の番で、右上の方に飛車が飛んでって龍になったんだな」と分かるような気がします。

動画サイトにUPするにあたっても、読み上げ音声があった方が華があると思うので、「音声にまったく需要がない」ということはないのではないかと。(実はちょっと危惧していました)


盤面を表示するサイトなら他にもありますが、「棋譜読みちゃん」(仮)は
@盤面表示
A音声再生(有料版では自分で用意した音声を使える)
Bキャプチャ方法の説明あり&動画サイトへの投稿OK!
というのを売りにて差別化を図りたいです。
posted by Rei Yumesaki at 14:07 | 制作日記 ゲーム | 更新情報をチェックする
2017年09月15日

【月刊報告書 2017年8月分】お仕事の窓口を開いておくことは、広報や着想につながるという説

月刊報告書一覧

前回:【月刊報告書 2017年7月分】「遅いというのは致命的なことである」ということを肝に銘じて

ここ数か月は、「あー、何でもっといっぱいできないんだろう!」と慢性的にぐぬぬ状態です´・ω・`
とりあえず、キャパオーバーは認めざるを得ないので(仕事が多いのではなく、自分のキャパが少なすぎるだけですが)、声のお仕事の料金をまたまた上げさせていただきました。


僕がお仕事もらえるかどうかギリギリのラインこそ、もっと上手な声優さんがそこそこの頻度でお仕事がもらえる価格設定なのではないかと思うので、そこを探っていきたいと思っています。

ちなみに、僕がお仕事の窓口を開いているのは、広報的な意味合いが大きいんです。(体感ですが、ある程度の効果はあるように感じています)

僕だけかも知れませんが、「この人いいな」と思った時に、個人でもOKなお仕事依頼の受付窓口があると、それだけで信頼感が増すというか、親しみやすくなるのです。
その場合料金は高くてもよくて、「金さえ積めばやってくれる」というところが、個人的にはポイントなんですよね。

そういう考えなので、値上げする時は結構容赦なく値上げさせていただいておりますが、もしまだお仕事をいただけるなら、もちろん値段相応のクオリティで納品させていただきます。
そして、需要と価格のちょうどいいラインを見つけて、自分自身の創作活動とうまく両立していけたらいいなと思っています。

この模索が他のクリエイターさんの参考になれば、さらに嬉しいです。


収入


【2017年7月】
広告収入:約3000円(本館1600/別館PC版1400/別館スマホ版ほぼなし)
アフィリエイト報酬:約2500円
Audiostockでの素材販売:約3700円
著作権表示割引版素材集販売:約3100円
音声作品販売:約2100円
声のお仕事受注:約6700円
ファンティア:約3400円
サイト維持費:約-1200円
合計 約23300円
 ↓
【2017年8月】
広告収入:約2400円(本館1100/別館PC版1100/別館スマホ版200)
アフィリエイト報酬:約3700円
Audiostockでの素材販売:約1200円
著作権表示割引版素材集販売:約5100円
音声作品販売:約3200円
声のお仕事受注:約9800円
ファンティア:約3400円
サイト維持費:約-1200円
合計 約27600円

コメント:
Google先生の気まぐれで、また検索順位が下がったようですが、気にしなーい。

2年前、月収5000円だったことを考えると、ゆっくりとではありますが版図拡大していると思います。
応援してくださる方、お仕事をくださる方、素材や作品を購入してくださる方のおかげです。ありがとうございます!


ブログ


最近は更新がファンティアと分散していますし、毎月の投稿数のノルマも課していないので、そろそろこの項目はいいかな〜という気持ちになっています。
よくも悪くも安定状態で、変わり映えしませんしね。

もしご要望があれば復活させますが、今月からこの項目はなくします。


Twitter


【2017年7月】
ツイート:138
ツイートインプレッション:61,232(1ツイートあたり444)
プロフィールへのアクセス:1,795
新しいフォロワー:-3
8/14現在のフォロワー:955人
 ↓
【2017年8月】
ツイート:184
ツイートインプレッション:109,013(1ツイートあたり592)
プロフィールへのアクセス:3,302
新しいフォロワー:17
9/15現在のフォロワー:975人

コメント:
ここ数か月、フォロワー数は950前後で停滞していたのですが、久しぶりに増加が見られました。
おそらく、このツイートが伸びたおかげです。


クリエイターにとって、ツイートがバズるのは本当にありがたいことです。
いいなと思うツイートがあったら、どんどんリツイートするのがおすすめです!

ただ、賛否両論あるかとは思いますが、個人的にはあまりクリエイターがRTばかりしていると「この人自分で言うことないの?」と思っちゃったりもするので(笑)、クリエイターとしてのアカウントであればやりすぎはよくないとも思っています。(自分でもたくさんつぶやいているならいいのですが、あまりツイート頻度が高くないのにRTばかりしていると……)


主な成果


【2017年7月末時点の目標】
・Re:Iファンティア支部のコンテンツを充実させる。
・ブログでも大々的にRe:Iファンティア支部を紹介する記事を書きます。(今度こそ!)
・音楽素材販売。目標1セット。(これに新曲を入れたいのですが、間に合わなかったら諦めますw)
・そろそろ萌え百人一首のクラウドファンディングに着手しなければと思います。ストーリーのあるゲームも作りたいんですけど……。

 ↓

【2017年8月の実績】
2017年8月のブログ記事一覧

Re:Iファンティア支部のコンテンツは徐々に充実していますが、8月中の目標には届かず……。(これ5〜7月も言ってたぞ……)

・そのため、「ブログでも大々的にRe:Iファンティア支部を紹介する記事を書く」ができませんでした。(2度目)
ここまでコンテンツを増やしたら大々的に宣伝してキャンペーンを開催しよう」と自分で決めているラインがあるのですが、力不足でまだそこに至っていないのです´・ω・`(2度目)

・音楽素材集は、9月頭ですが1つ出しました。
Vol.5「ほのぼの・平和・幸せ」発売!
新曲は間に合わなかったので、他の特集にしました。

・萌え百人一首は正直面倒くさいという気持ちになっていて、今は棋譜読み上げシステムの制作を検討しています。
こういうアイディアは自分一人では出てこないので、そういう意味でも、お仕事の窓口を開いておくことにはメリットがあると思います。

コメント:
うーん、ダメダメですね!
こりゃ祖母に「ハロワ行け」って言われますよ……。

でも焦ってもいきなり有能になれるわけではないので、キャパを見極めて取捨選択していくしかないのでしょうね。


2017年9月の目標


【集客・広報】
・Re:Iファンティア支部のコンテンツを充実させる。
・ブログでも大々的にRe:Iファンティア支部を紹介する記事を書きます。(今度こそ!←2回目)

【素材】
・音楽素材販売。目標1セット。(これに新曲を入れるぞ!←2回目)

【制作】
・曲を作る。
・「棋譜読みちゃん」のクラウドファンディングに挑戦!

やりたいことは山積みなのです!
*タグ:月刊報告書
2017年09月14日

【ご意見歓迎!】「棋譜読みちゃん」企画書 ver.1

以前、将棋の棋譜の読み上げソフトを作ることを考えていると言いましたね。

それの企画書を作りましたので公開いたします。
ご意見大歓迎です!(匿名可)

WEB拍手でメッセージを送る


1.企画の概要


将棋の棋譜をテキスト入力し、再生ボタンを押すと読み上げてくれるツール、「棋譜読みちゃん」の制作を検討しています。
(盤面表示機能の有無、棋譜の対応形式については、技術的難易度と資金次第です)

HTML5で作り、ブラウザ上で動作するようにします。
これにより、オンライン版/ダウンロード版、PC版/スマホ版の区別なく、幅広い環境でお使いいただけるツールとして展開することができます。

音声データと効果音はこちらで用意しますが、システムについてはクラウドワークス等で外注して制作していただきます。
デザインや機能はこちらで考えています。(後述)

資金はクラウドファンディングで募ります。
クラウドファンディングを利用することにより、「そもそも需要があるのかどうか」を推し測ることができます。また、「クラウドファンディングにどれほど広報効果があるのか試してみたい」という意図もあります。

まずは外注費の見積もりが必要です。
このページで企画書を公開し、しかるべき方に見ていただいて、相場についてご意見を伺います。
ブログ読者の方からも、機能・デザイン・費用についてご意見をいただけると大変嬉しいです。


2.きっかけと、エンジニアの方に望むスキル


私は先月、ご依頼をいただいて棋譜の読み上げ音声を制作しました。
クライアント様より再利用のお許しをいただいているので、有効活用したいと考えました。

調べてみたところ、WEB上で棋譜を読み上げてくれるサービスや、自分で用意した音声で読み上げができるようなソフトはないようなので、需要があるなら自分で作ってみようということで、この企画を立ち上げました。

そのような経緯であるため、私自身はあまり将棋に詳しくありません。
パートナーになってくださるエンジニアの方は、将棋に詳しい方が望ましいです。
また、できるだけ自力でできるように頑張りますが、レンタルサーバーを借りてオンラインツールを公開するところまでサポートしていただけるとありがたいです。

つまり、指示されたシステムを作るだけではなく、細かいデザインの決定、ユーザビリティの向上、こちらが用意すべきものの指示、将棋のルールの通りに動作しているかの確認、その他素人では分からないことについて、全体的にサポートしていただきたいのです。
そのサポートにかかる費用も含めてお見積もりをしていただき、資金を集める必要があります。


3.収益化について


棋譜読みちゃんは、「Free」と「Pro」の2バージョンで展開します。

オンライン版/無料の「Free」には、最適な場所に広告(Google Adsense等)を配置して収益化します。

ダウンロード版/有料の「Pro」は、基本的なシステムやデザインは同一ですが、3つの長所を付加します。

@広告がない。

A自分で用意した音声データを読み上げに使える。
(自分で用意した音声データの入ったフォルダを指定階層に置くと、そのフォルダ名が読み手選択のプルダウンメニューに表示される)

B(盤面表示機能がある場合)盤上のウォーターマークを消せる。

ユーザーがFreeのコンテンツ(ソースコードや音声ファイル)をコピーし、自分のPC等内にオフラインシステムを再現することは、利用規約で禁止します。


4.実際の音声


ご依頼いただいた時に「萌え系のロリ声」を指定されていたので、現在あるのは「萌え」バージョンだけですが、棋譜読みちゃんの制作が決まりましたら「落ち着き」バージョンも作ります。

駒を置く音は、自前の効果音がすでにあります。
効果音はON・OFFができるようにしたいです。

それでは、実際の音声をお聞きください。
数字も駒の名前も独立した(バラバラの)音声データですが、音の高さや間の取り方を吟味し、様々な組み合わせで自然に再生されるように工夫しました。

◆駒の音なしバージョン

◆駒の音入りバージョン(先手・後手の前に挿入)

◆参考:地声の朗読音声(落ち着きバージョンのイメージとして)


5.デザイン案


細かい説明をする前にデザインを見ていただいた方が分かりやすいと思うので、まずは下の画像をご覧ください。

kifuyomi-ver1.png


6.機能やデザインについての詳細


・PC・スマホ両用のレスポンシブデザインが望ましい。

・無料版では、最適な場所に広告(Google Adsense等)を配置して収益化する。

・盤面表示機能、対応形式は、技術的難易度と資金次第。
 盤面表示機能なしの場合は、音声プレイヤーのみ表示する。

・「読み手」は、他に「萌え(夢前黎)」「なし」が選べる。
 有料版では、自分で用意した音声データの入ったフォルダを指定階層に置くと、そのフォルダ名もプルダウンメニューに表示される
 (「なし」を選ぶと、無音、または効果音のみの再生となる。盤面表示機能がある場合のみの選択肢)

・「背景色」のデフォルトは白。黒は動画投稿用を想定。
 可能なら他の色も追加する。(暗い赤、暗い青、暗い緑、暗い黄など)

・「駒の音」を「あり」にすると、「先手」「後手」の前に駒を置く音が挿入される。

・Proでは、オプションの「透かし文字」で「ON」「OFF」を選べる。
 Freeでは、プルダウンメニューに「有料版では消せます」の1つしか選択肢がない。
 なお、盤上の透かし文字(ウォーターマーク)は、キャプチャされて動画投稿された時のために入れているものである。


7.読み上げ方法について


下のワードリストにある言葉を、1つ1つ独立した音声ファイルとして保存します。
そして、棋譜の情報を1つずつなぞっていくように再生します。


※音声ファイルを再生する順番
駒の音(ある場合のみ)
→先手・後手
→筋(縦列の数字)
→段(横列の数字)
(同 ※一手前と同じところに置く場合、筋・段を言わずに「同じく」と言う)
→駒
→右・左(ある場合のみ)
→直・上・寄・引(ある場合のみ)
→成・不成・打(ある場合のみ)
→間
→繰り返し
→「まで、先手or後手、勝ち」

最も簡素なシステムであれば、「テキストボックスに『▲』と書かれていたら『先手』の音声を再生する」という処理を繰り返していくようになるでしょう。
指定された文字以外は無視して、読むべき文字だけ読んでいくようにするのです。
手打ちとKI2形式であれば、この方法で行けると思います。

KIF形式だと、少し難しくなるかも知れません。
KIF形式には▲・△、先手・後手といった文字がなく、奇数行か偶数行かで先手・後手を判別しているようです。
しかし、HTML5でもそれで判別できるなら、後はKI2形式と同じです。(事前にオプションで「形式選択」をする必要があるかも知れませんが)

CSA形式は、全角文字を使わず、半角英数字で棋譜の内容を示しています。
+が先手、-が後手、FUが歩といった具合です。
他の形式とは違う文字でも、それぞれに対応した音声を再生できるなら、手打ち、KI2形式、KIF形式と同様の方法で再生できると思います。

※棋譜のフォーマットは、こちらのサイトの左サイドバーの「棋譜の書き出し」で確認できます。
将棋DB2


8.機能充実の「段階」


資金の集まり具合によって、機能を段階的に増やしていこうと思います。
上位のレベルには、下位のレベルの機能がすべて含まれます。

◆レベル1
KI2とテキスト入力のみ対応。盤面表示機能はなく、読み上げるだけ。

◆レベル2
KIF形式かCSA形式のどちらかに対応。

◆レベル3
KIF形式にもCSA形式にも対応。

◆レベル4
盤面表示機能搭載。(ここで料金や難易度が跳ね上がるのではないでしょうか)

レベルの分け方が不適切だという場合は、ご指摘いただければ幸いです。


9.技術的懸念事項


◆2文字以上を1まとめとして、1つの音声データを割り当てることはできるのか。

例えば、「成」に「なる」の音声を割り当てるだけでなく、「不成」に「ならず」の音声を割り当てられるのでしょうか。
(テキストボックス内に「不」があったら、その次の文字が「成」なら「ならず」を再生し、他の文字なら無視する。テキストボックス内に「成」があったら、前に「不」がなければ「なる」を再生し、「不」があれば無視する。という感じでしょうか……?)

2017.09.18追記
素人考えですが、手打ちでもKI2形式でもKIF形式でもCSA形式でも、一度やりやすい形に「置換」して、置換後のテキストデータを読み上げるようにするとスマートかも知れません。
(例:▲も+も「先」に置換し、「せんて」を再生。「不成」は「不」に置換し、「成」との混同を回避)

KIF形式に先手・後手を示す文字が含まれないのが難点ですが、各行の頭に交互に「先」「後」を挿入することができるなら解決します。できるかどうかは分かりませんが。


◆最後の勝利判定はどうしたらいいか。

最後の手を打った方を勝者とし、「まで、先手or後手、勝ち」と再生することは可能なのでしょうか。
難しければ、勝利判定はせずに「ありがとうございました」で締めるのもありかなと思っています。何か、終わりであるということが分かる合図は必要だと思います。


◆オプションを再生中に変えたらどうなるか。

ユーザーが使いやすい仕様にすることが一番です。


◆自動再生・手動再生の切り替えは可能か。

手動再生をする場合、盤面表示機能がなく音声だけであっても、前の手と次の手の境目を判定する機能が必要になります。


◆前の手と次の手の間の無音時間の入れ方について。

無音の音声ファイルは用意してありますので、しかるべきところに無音を挟んでいくことができればそれがベストですが、難しければ「先手」「後手」のボイスの前にあらかじめ無音を入れておくことが考えられます。

しかし、その方法だと2つ問題があります。

@盤面表示機能がある場合、盤上で駒が動くのと同時に「先手」「後手」と発音することができなくなる。(もたついた感じになってしまう)

A駒の音と「先手」「後手」の間が空きすぎる。
(駒の音の前にも無音を入れておき、駒の音をONにしている時は「先手」「後手」は無音がないバージョンへと切り替える、ということができれば、この問題は解決されますが、結局駒の音について@の問題が発生します。駒が動く瞬間と駒の音は一致していなければおかしいので、「先手」「後手」の声が遅れるより深刻です)

できれば、「先手」「後手」(あるいは駒の音)と盤面の表示更新は同時とし、その前に無音を再生するようにすることが望ましいでしょう。


10.今後の予定


@必要な資金額の見積もり
Aクラウドファンディングで資金を集める
B(資金が集まったら)クラウドワークスでエンジニア様を募集
C制作


11.資料


随時追加します。

2017.09.22
ブラウザ上で棋譜を再生できるサイトの実例と、棋譜のデータ(KI2、KIF、CSA)のテキスト

2017.11.05
【将棋ソフト関連資料】棋譜を投稿・再生でき、エディタで棋譜を書くこともできるサイト「Shogi.io(将棋アイオー)」
企画書ver.2(その後の追加情報はこちらに)


ご意見をお寄せください


素人なので、ご意見をいただけると大変助かります!

WEB拍手でメッセージを送る
posted by Rei Yumesaki at 14:57 | 制作日記 ゲーム | 更新情報をチェックする
2017年09月10日

有料版音楽素材集Vol.5「ほのぼの・平和・幸せ」発売!

例によって、有料版音楽素材集の宣伝です。
商用利用可能で、フリー素材として配布しているMP3・Oggの他、WAV・M4A・MIDIが入っています。加工・編曲自由です!

【Re:I】音楽素材集 Vol.5 - ほのぼの・平和・幸せ

今回は、ほのぼのとした感じの曲のセットです。
ゲームのBGMとしてだけでなく、動画のBGMにもおすすめです!



『楽しいお話』は、先日リファインして、耳に優しい音になりました。
可愛い子供や動物が楽しそうにしているイメージで作った、可愛らしい1曲です!

『ひだまりのうた』はヒロイン風味。
可愛らしさと爽やかさと併せ持ち、心優しい美少女との青春を感じられる(?)1曲です!

『大河の記憶』は優雅な感じの曲です。
正直言うと、ちょっとバイオリンの音がチープなので、使いにくいかも知れません。編曲ができる上級者か、MIDIをRPGツクールやウディタで使う人向けです。
そのため、今回は3曲で100円と、いつもよりお安くしておきました。


DLsite.comでは、9/16 午前10時 まで30%OFF
何とたったの75円で買えちゃいます!

セール期間が終了したら、BOOTHで税込100円で販売します。(DLsite.comの方は、税込108円になります)

また、Re:Iファンティア支部の「今月の素材集プレゼント」でも配信しています。
ただし、こちらは、効果音素材集1セット、声素材集1セット、音楽素材集1セットを、月額300円以上プランの方限定でプレゼントしているものです。

ほしい素材集がある月だけ入会(課金)、ダウンロードしたら即退会(無料プランに切り替え)」というご利用方法も歓迎なのですが、今月に限っては、音楽素材集の値段が安いので、セール中の今買っちゃった方がお得ですね・ω・


動画で広報をしたり、広告収入を得たりしている方にもおすすめな素材集です。
可愛い曲をお求めの方は、是非ご試聴ください♪

【Re:I】音楽素材集 Vol.5 - ほのぼの・平和・幸せ
*タグ:素材 音楽